戦士(斧術士) 立ち回りとスキル解説(~LV30)

敵視に注意する

敵視( 'ω')?
敵の持つ味方の誰に対して攻撃を行うかを決める数値
PTリストに最大敵視に対する相対値がゲージで表示されており、タンクは常に最大になるように意識する。
俗にヘイトと呼ぶ

堅さを活かして敵の攻撃を一手に引き受けるのがタンクの仕事です。そのために必要なのが敵視です。

敵視を稼ぐためのスキル

トマホーク
遠距離から攻撃でき、敵視アップ効果のあるスキルです。戦士は真っ先に敵に攻撃するので接近しながらまずは「トマホーク」を当てましょう
オーバーパワー
複数の敵にダメージを与えながら敵視を集めることができるスキルです。複数敵がいる場合は最初に近づいた後に「オーバーパワー」を入れるようにしましょう。

ターゲットを取り返す

挑発
PTメンバーにターゲットを取られてもすぐに取り返すことができます。最大敵視+1にするだけなので、「挑発」するだけではすぐにターゲットが戻るので直後に「トマホーク」や「オーバーパワー」等を合わせるようにしましょう。
Lvが上がってくると必須になってくる重要スキルですが、このレベル帯だと使うタイミングは少ないかもしれません。

コンボを理解する

コンボ( 'ω')?
特定の順番でスキルを使うと後のスキルが強化されるシステム

通常 コンボが繋がっている状態

ヘイトコンボ

ヘヴィスウィング
「ヘヴィスウィング」は戦士の基本となるスキルです。「ヘヴィスウィング」→「スカルサンダー」→「ボーラアクス」の順に使うことでコンボが発生します。「スカルサンダー」と「ボーラアクス」はコンボ時に敵視アップ効果があるので積極的に使っていきましょう。
スカルサンダーボーラアクス

1段目 2段目 3段目
ヘヴィスウィング スカルサンダー ボーラアクス

斬耐性を減少させて与ダメージを高める

メイム
「ヘヴィスウィング」→「メイム」と繋ぐと対象の斬耐性が減少(つまり自分の与ダメがUP)します。耐性を下げてダメージを増やすことで敵視も稼ぐことができ、斬属性の攻撃を持つDPSの火力を底上げすることもできるので出来るだけ「メイム」を維持するようにしますが、最優先は敵視を稼ぐことなので余裕が出てきたら使うようにしましょう。

1段目 2段目
ヘヴィスウィング メイム

敵の攻撃に防御バフを合わせる

バフ( 'ω')?
対象の状態を変化させる効果
有利になる効果:バフ
不利になる効果:デバフ

タイミング防御バフを使うことでヒーラーの負担を軽くすることができます。最初のうちはできるだけ防御バフが1つ付与された状態を維持していればいいと思います。もちろんリキャストの都合もあるので、使えるバフがない場合はヒーラーを信じましょう。
ランパート
どの敵に対しても使える使い勝手のいいスキルです。
コンバレセンス
ヒールの効果が20%上昇します。敵の攻撃を軽減するわけではないので、大ダメージを受けることが分かっている場合や多少ダメージを受けてから使用すると〇。
見切り
一定確率で発生する軽減(受け流し)が起きやすくなります。場合によってはあまり効果がないですが、リキャストが短いのが魅力です。
スリル・オブ・バトル
一時的に最大HPを上昇させて上昇した分のHPを回復します。ダメージを軽減するわけではありませんが効果終了時には最大HPのみが元に戻るので元の最大HP以上の状態で効果が切れると全回復した状態になります。緊急時の回復や大ダメージを受ける際の疑似バリアスキルのように使えます。

アビリティをリキャスト毎に使う

FF14の戦闘システムのキモとも言えるGCDの影響を受けないのがアビリティです。アビリティは極力GCD中に使うことで無駄のない動きができるようになっていきます。

GCD( 'ω')?
GCD(Global CoolDown)
特定のスキル(基本的に魔法とWS(ウェポンスキル))を使用した際に他のスキルにもクールダウンが発生するシステムの事
GCDによってリキャストタイムが発生するのはWSと魔法だけで、アビリティは独立したリキャストタイムを持つ

バフ系アビリティ

バーサク
10秒という短時間ですが全ての攻撃がクリティカルかつダイレクトヒットになって大ダメージを与えられます。ダメージは直接敵視に影響するので結果的に敵視も集めやすくなります。

デバフ系アビリティ

ロウブロウ
対象を5秒間行動不能にします。敵の特殊攻撃に対して使うのが主ですが、使える時に使っておくと敵の通常攻撃がしばらく止むので結果的にダメージを減らすことができます。5秒は短く感じるかもしれませんがリキャストも短く割と連射が利くので使えるスキルの少ない序盤のIDでは有用なスキルです。

スキル回し例

「トマホーク」で遠距離から敵視を稼ぎつつ接近、GCDの間に何かしら「防御バフ」を使って接近後に「オーバーパワー」が基本的な流れです。
敵の数が多い場合は「オーバーパワー」を複数回入れておくと後に回した敵がヒールヘイトで持っていかれにくくなります。

トマホーク まずは「トマホーク」で遠距離から敵視を稼ぎます
ランパート 一定時間継続的にダメージを受けることが分かっているのでどれかバフを焚いておくといいでしょう
コンバレセンス
見切り
スリル・オブ・バトル
オーバーパワー ボス戦など例外はありますが、大抵の場合複数の敵がグループになっているので接近したら「オーバーパワー」で全員の敵視を稼ぎます
ヘヴィスウィング コンボを繋ぎます
ロウブロウ 余裕があれば適当な敵に「ロウブロウ」を入れておきます
バーサク ダメージを稼ぐために「バーサク」を(同時にヘイトも稼げます
スカルサンダー 「スカルサンダー」や「ボーラアクス」は単体で使ってもヘイトボーナスはつかないので注意です
ボーラアクス ここまで繋ぐとヘイト的には一安心ですが、敵が複数の場合は他の敵のタゲが維持できているが注意しましょう
ヘヴィスウィング 一度「ボーラアクス」まで繋ぐとかなり敵視に余裕ができるので
メイム 「メイム」で斬耐性を減少させます
ヘヴィスウィング 以降はバフを気にしつつ極力「メイム」を維持しながらヘイトコンボをの繰り返しです





タンクは誘導が求められるなど矢面に立つことが多いので苦労が多いですが、操作自体は簡単な方だと思っているので低レベルのIDから立ち回りを確実に押さえていきましょう。
Lv30以降はこちら↓