白魔道士 立ち回りとスキル解説(~Lv50)

HoTを使いこなす

HoTは1発毎の回復力こそ少ないですが、完走時の回復力は即時ヒールを上回るのでAAなど持続的なダメージが見込める場合に効果的です。

HoT( 'ω')?
HoT(Heal over Time)
時間経過で徐々に回復する効果

リジェネ
単体HoTの「リジェネ」は完走するとなんと回復力1050という驚異的な回復力です。

IDで接敵時にMTに投げておくとヒールが楽になります。
メディカラ
「メディカラ」は範囲HoTですが少ないながら即時ヒールも持っています。

また、他の範囲ヒールの射程が基本的に15mなのに対して20mという長射程を持ちます。

ヒール手段を使い分ける

単体回復

ベネディクション
リキャストもそれなりに長いですが対象を全回復する強力なスキルです。

蘇生後やMT大ダメージの戻しなど起死回生に使える重要なスキルなのでここぞという時に使うようにしましょう。

範囲回復

ケアルガ
「ケアルガ」は他の範囲ヒールに比べて一段上の瞬間ヒール力を誇りますが範囲6mと狭いので遠隔DPS等が漏れないように注意が必要です。

また、他の範囲ヒールが自分中心範囲なのに対してケアルガは対象範囲な点も注意です。

どうしても回復力が足りない場合以外は「メディカ」を使うのが無難です。

ヒールの合間に攻撃を挟む

ヒールワークに余裕ができた時は合間に攻撃を挟みましょう。もちろんヒーラーはヒールをするのが仕事なので無理に攻撃してヒールを怠ってはいけません。
エアロラ
「エアロ」が強化されて「エアロラ」になります。DoT威力が強化されるだけなので今まで通りの使い方です。
ホーリー
スタン付きの範囲攻撃で、敵が複数いる場合に有用ですが消費MPが多いのでMP管理に気をつけましょう。

また、複数の敵を同時にスタンできるのでダメージ軽減としても使えますが、耐性が付いてしまうとスタンで止めたい技を持っている敵がいるかどうか注意しましょう。

新たなアビリティ

神速魔
詠唱速度が上がるだけのシンプルな効果ですが、使えるシーンの多い有用なスキルです。
・短期的なヒール力が求められる場合
・「レイズ」の詠唱短縮(SS値に依存しますが約1.5秒短くなります)
・「クルセードスタンス」と組み合わせることで火力の増強

共通アクションを使う

迅速魔
詠唱の長い蘇生魔法を無詠唱にしたり、移動とヒールを同時にしなければならないシーンでヒールしながら走ったりと多くの状況を打開してくれる必須スキルです。
慈愛
一定時間回復力が上がる使い勝手のいいスキルです。回復魔法限定である(アビリティによるヒールには影響しない)ことに注意しましょう。


Lv50以降は敵の攻撃の苛烈さが増し、フルパーティの討滅戦でHP管理など負荷が増えますが少しずつ慣れていきましょう。
~Lv60は追って更新。